• ホーム
  • 専修学校高等課程の学校生活とその魅力とは?

専修学校高等課程の学校生活とその魅力とは?

社会人としての常識を身につけわかりやすい授業を通じて資格取得を目指します。

各学校では、一人ひとりの生徒がよくわかるまで、親切・ていねいな指導を心がけ、やる気を育て、自信を持たせることを重要視しています。 生徒も、自分自身の将来と直接結びついた専門知識・専門技術を学びとるため、また、社会で評価の高い公的な職業資格や検定資格を取得するため、真剣に授業に取り組んでいます。 授業内容には、社会の要請、時代の変化を先取りしたもの、あるいは、伝統を踏まえたものも用意されており、ユニークで楽しい授業が展開されています。 「わかる授業」「身につく技術」「やる気を育てる授業」が、専修学校高等課程(高等専修学校)のモットーです。

●一人ひとりの適性を考えた進路指導

信頼関係の中、充実した進路指導で生徒の将来を拓きます。

教師と生徒の間にしっかりとした信頼関係を築くため、各校では、相談活動の充実に取り組んでいます。 進路指導面では、各校がこれまでに培ってきたノウハウを活かし、きめ細かな指導と援助に努め、この結果、大学・短大・専修学校専門課程(専門学校)への進学や厳しい雇用情勢の続く就職活動においても、高い決定率をおさめています。

●明るく充実した学校生活

自主的な活動を育てる場として学校行事を大切にしています。

各校では、一人ひとりの可能性を伸ばすための場として、学校行事を大切にしています。学校によっては運動会、文化祭、修学旅行などやHR運営、クラブ活動もあり、楽しく有意義な学校生活が送れるよう工夫をこらしています。